ホーム > 書籍のご案内 > 脳の発達と育ち・環境−2007、2009世界脳週間の講演より−
「世界脳週間」シリーズ

脳の発達と育ち・環境−2007、2009世界脳週間の講演より−


詳しい目次を見る
序文を読む
脳の発達と育ち・環境−2007、2009世界脳週間の講演より−
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
子どもの脳は環境の影響を受けやすい「感受性期」の只中にある。この発達の時期に
脳では何が起こるのか。成長につれて低下/向上する能力を話題に、海馬体積、シナ
プス密度などの変化をわかりやすく解説。その他、パーキンソン病理解の鍵「レビー
小体」や新たな視点から現代病に挑む「情報環境学」といった最新のキーワードも紹
介。
判  型B6判並製・132 定  価1296 円
発 行 日2010.06.25 割引価格1166 円
編 著 者NPO法人 脳の世紀推進会議 ISBN978-4-87805-110-4

書籍サンプル画像
図8 マウスの脳(小脳)の顕微鏡写真
動物(マウス)でも神経組織の基本的な構造はヒトとかわらない。一見何もないように見える白い部位(左図)にも特殊な方法を用いると神経突起(配線)が複雑にからみあって存在していることがわかる(右図)。
買い物カゴに入れる
定 価 : 1296 円
割引価格 : 1166 円

目次

脳と情報環境―脳科学からみた環境の安全・安心― 本田 学
脳の発達と育ちの影響  津本 忠治
心身相関―身体への気づき、こころへの気づき― 小牧  元
神経難病に挑む 高橋 哲也


このシリーズを探す

「世界脳週間」のシリーズを探す

こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−
こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−
脳の発達と育ち・環境−2007、2009世界脳週間の講演より−
脳の発達と育ち・環境−2007、2009世界脳週間の講演より−
こころの働きと病・覚醒剤−2007〜2009世界脳週間の講演より−
こころの働きと病・覚醒剤−2007〜2009世界脳週間の講演より−
脳とこころ、うつ病−2006世界脳週間の講演より−
脳とこころ、うつ病−2006世界脳週間の講演より−
脳は不思議がいっぱい−2006世界脳週間の講演より−
脳は不思議がいっぱい−2006世界脳週間の講演より−

関連書籍を探す

脳科学関連の書籍

食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む 17
音楽と脳 脳を知る・創る・守る・育む 17
こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−
こころの発達と病気−2013、2014世界脳週間の講演より−
ブレインサイエンス・レビュー2016
ブレインサイエンス・レビュー2016

新刊案内

新刊書籍

飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る

PAGE TOP