ホーム > 書籍のご案内 > 文化財の保存と修復 9−東北の文化財
「文化財の保存と修復」シリーズ

文化財の保存と修復 9−東北の文化財


詳しい目次を見る
序文を読む
文化財の保存と修復 9−東北の文化財
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
多賀城跡、大湯環状列石などの文化財の保存・修復の現状とあわせて、骨寺村荘園遺跡や中尊寺金色堂などの歴史や文化、またそれらの世界遺産登録に向けた夢や来るべき地震災害に備えるための今後の活動のありかたも考察されている。
判  型B5判変型・116頁 定  価1512 円
発 行 日2007.06.08 割引価格1360 円
編 著 者文化財保存修復学会 ISBN978-4-87805-086-2

書籍サンプル画像
金色堂(国宝)内陣(『平泉の文化遺産ガイドブック・記憶の眠る景観』、岩手県教育委員会、2005年より転載)
買い物カゴに入れる
定 価 : 1512 円
割引価格 : 1360 円

目次

東北の歴史と文化財 入間田宣夫
平泉の文化を世界遺産に平泉の歴史と文化 工藤 雅樹
史跡多賀城跡の保存と整備
新たな保存と活用をめざして 進藤 秋輝
東北の文化財をまもる!
文化財保存の継承の継続・新しい方法の模索 手代木美穂
特別史跡大湯環状列石(ストーンサークル)の保存
環境にやさしい保存材料と技術 沢田 正昭
地震で被災した歴史資料を保全する
2003年宮城県北部連続地震後の活動 平川 新
特別史跡三内丸山遺跡とその保存・活用
北の縄文世界 岡田 康博
パネルディスカッション 東北の文化財を未来へ遺す
モデレーター 松田 泰典


このシリーズを探す

「文化財の保存と修復」のシリーズを探す

文化財の保存と修復 15−日本における「西洋画」の保存修復
文化財の保存と修復 15−日本における「西洋画」の保存修復
文化財の保存と修復 14−災害から文化財をまもる
文化財の保存と修復 14−災害から文化財をまもる
文化財の保存と修復 13−みんぞく資料をまもる
文化財の保存と修復 13−みんぞく資料をまもる
文化財の保存と修復 12−文化財のまもり手を育てる
文化財の保存と修復 12−文化財のまもり手を育てる
文化財の保存と修復 11−文化財をまもる人たち
文化財の保存と修復 11−文化財をまもる人たち

関連書籍を探す

文化財関連の書籍

デジタル技術で魅せる文化財―奈文研とICT―
デジタル技術で魅せる文化財―奈文研とICT―
郡庁域の空間構成
郡庁域の空間構成
飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
発掘遺構から読み解く古代建築
発掘遺構から読み解く古代建築

新刊案内

新刊書籍

ブレインサイエンス・レビュー  2018
ブレインサイエンス・レビュー 2018
デジタル技術で魅せる文化財―奈文研とICT―
デジタル技術で魅せる文化財―奈文研とICT―
郡庁域の空間構成
郡庁域の空間構成
飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった

PAGE TOP