ホーム > 書籍のご案内 > 日本美術品の保存修復と装コウ技術 その弐
「保存修復と装コウ技術」シリーズ

日本美術品の保存修復と装コウ技術 その弐


詳しい目次を見る
序文を読む
日本美術品の保存修復と装コウ技術 その弐
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる
絵画、書跡等の修復には、必要に応じて肌裏紙の打ち替えを行います。過去の修理品のなかには、肌裏紙の継ぎ箇所に段差が生じたり、糊浮きなどが起こり、その影響により本紙にまで損傷を与えているものを見受けることがあります。古来よりその影響を少なくするため、さまざまな処置が施されてきました。(以下本文へ)
判  型A4変形版・136 定  価2700 円
発 行 日2002.10.25 割引価格2430 円
編 著 者国宝修理装こう師連盟 ISBN978-4-87805-022-0

書籍サンプル画像
具引き格子菊唐草紙の製作工程
買い物カゴに入れる
定 価 : 2700 円
割引価格 : 2430 円

目次

第1部 平成8年度セミナー講演
文化財修理の方法論について 渡邊 明義
書跡の修復について 湯山 賢一
絵画の修復について 宮島 新一
料絹の構造と組成について 馬越 芳子
料紙の構造と組成について 大川 昭
文化財の素材である料紙の道具の復元
平安期の錦/唐紙の復元制作
第2部 平成9年度セミナー講演
膠について 森田 恒之
接着剤について 生麩糊−新糊、古糊 滝沢 孝一
染色の原理について 柏木 希介
日本画の技法と絵画 林  功
第3部 平成10年度セミナー講演
自然科学と文化財の修理 高分子の応用 川野邊 渉
保存科学と装のかかわり 増田 勝彦
保存修理の現状調査と修理記録『マリア十五玄義図』をめぐって 神庭 信幸
保存科学と文化財修理および今後の展開 鷲塚 泰光


このシリーズを探す

「保存修復と装コウ技術」のシリーズを探す

日本美術品の保存修復と装コウ技術 その四
日本美術品の保存修復と装コウ技術 その四
日本美術品の保存修復と装コウ技術 その参
日本美術品の保存修復と装コウ技術 その参
日本美術品の保存修復と装コウ技術 その弐
日本美術品の保存修復と装コウ技術 その弐
日本美術品の保存修復と装コウ技術
日本美術品の保存修復と装コウ技術

関連書籍を探す

文化財関連の書籍

飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
発掘遺構から読み解く古代建築
発掘遺構から読み解く古代建築
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
遺跡の年代を測るものさしと奈文研
遺跡の年代を測るものさしと奈文研

新刊案内

新刊書籍

飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
飛鳥・藤原京を読み解く 古代国家誕生の軌跡
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る

PAGE TOP