ホーム > 書籍のご案内 > 全面改訂 新しい研究法は考古学になにをもたらしたか
「考古学」シリーズ

全面改訂 新しい研究法は考古学になにをもたらしたか


詳しい目次を見る
序文を読む
全面改訂 新しい研究法は考古学になにをもたらしたか
著者一覧 PDFサンプル 買い物カゴに入れる 在庫僅少
過去400万年、われわれ人間の祖先には、さまざまな生き方がありました。この地球上にはその痕跡が遺跡や遺構そして遺物として残存しています。考古学はそれらの痕跡から過去の人間活動とそれを可能にした環境に関する情報を抽出し、その情報を手がかりにして人間の生き方の歴史を明らかにしていきます。(以下本文へ)
判  型B5版並製・312 定  価4399 円
発 行 日1995.10.10 割引価格3959 円 (送料無料)
編 著 者田中  琢(奈良国立文化財研究所長)・佐原  眞(国立歴史民俗博物館副館長) ISBN978-4-906347-52-0

書籍サンプル画像
買い物カゴに入れる
定 価 : 4399 円
割引価格 : 3959 円

目次

Aセッション 昔の環境を復元する
貝からみた古環境の変遷 松島 義章
地震の痕跡を遺跡で探す 寒川 旭
火山灰考古学の最近の成果 町田 洋
珪藻分析に基づく古環境復元 森 勇一
昆虫化石からみた先史〜歴史時代の変遷 森 勇一
Bセッション 新しい調査法を開発する
遺跡の探査法 西村 康
高感度放射性炭素年代測定法の開発と応用 中井 信之
年輪から古代を読む 光谷 拓実
年代測定法から年代測定学へ 松浦 秀治
考古学とコンピュータ 森本 晋
文化財不可視情報の可視化 村上 隆
Cセッション 昔の生活を復元する
残留脂肪酸による古代復元 中野 益男
炭素・窒素同位体に基づく古代人の食生態の復元 南川 雅男
動物遺存体からなにがわかるか 松井 章
プラント・オパールと水田 藤原 宏志
作物の起源を探る 佐藤洋一郎・中村 郁郎
出土人骨から親族構造を推定する 田中 良之
骨から読みとる古代人の病気 鈴木 隆雄
出土人骨のDNA解析 宝来 聰
Dセッション 遺物の材料の産地を推定する
鉛同位体比による青銅器原料産地の推定 馬淵 久夫
土器の産地推定 三辻 利一
石器現材の産地分析 藁科 哲男
微量成分元素存在量による消費地遺跡出土磁器片の生産地推定 二宮 修治・羽生 淳子・大橋 康二


このシリーズを探す

「考古学」のシリーズを探す

木の文化・骨の文化
木の文化・骨の文化
日中古代都城図録 改訂版
日中古代都城図録 改訂版
石器研究入門
石器研究入門
全面改訂 新しい研究法は考古学になにをもたらしたか
全面改訂 新しい研究法は考古学になにをもたらしたか

関連書籍を探す

考古学関連の書籍

官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
発掘遺構から読み解く古代建築
発掘遺構から読み解く古代建築
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
官衙・集落と土器1−宮都・官衙と土器−
遺跡の年代を測るものさしと奈文研
遺跡の年代を測るものさしと奈文研
長舎と官衙の建物配置 資料編
長舎と官衙の建物配置 資料編

新刊案内

新刊書籍

下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
下痢の細菌を追っかけて五〇年 それは腸炎ビブリオから始まった
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
食と脳 脳を知る・創る・守る・育む 18
ブレインサイエンス・レビュー  2017
ブレインサイエンス・レビュー 2017
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
科学者の冒険 クジラからシクリッド、シーラカンス、脳、闘魚……進化に迫る
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―
官衙・集落と土器2―宮都・官衙・集落と土器―

PAGE TOP